バディ

初心者にもおすすめの面白いコンテンツのバディ

入門編としてもバディはおすすめです

1994年の11月に創刊された「バディ(バディ)」は、この時代には珍しい総合色の強いゲイ雑誌として多くのファンを魅了しました。

その為、バディには、最近人気となったいるガチムチ系や野郎系だけでなく、定番のスポーツマン系やマッチョ、美青年やジャニ系などの若年層全般なども網羅しております。

初めて購入しようとする方にぴったりの雑誌だと言えます。

大人気雑誌のバディに掲載されている内容は、定番の人気モデルのグラビアや官能小説、成人向けの漫画などになっております。

バディが他のと大きく異なる点は、雑誌の表紙が良い意味でゲイっぽく無い所です。

パッと見はおしゃれなファッション誌と間違えてしまってもおかしくないようなデザインで作られております。

レジに持っていくのも少しも恥ずかしくありませんし、部屋に置いておいても違和感なくなじんでしまいます。

表紙は雑誌を作る上で最も重要な物であり、手に取ってくれる人の数が大きく変わってしまう物でもあります。

そして他のは過激なものを競うように作り上げています。

バディは初心者ユーザーにも優しいデザインですので、新規参入者が購入しやすい雑誌として定着化しております。

内容も初心者の方に嬉しい特集であったり、全てのジャンルを網羅しておりますので初めて購入するかたの満足度も高くなっております。

バディがゲイの方々に愛されているのは単に初心者向けというだけではありません。

実は作家も豪華なバディの漫画

作家の仲間でも支持者が多いバディの作品

バディは他ではありえない程の豪華作家陣によるオリジナル漫画を読む事ができるのです。

バディには、18歳未満でも購入する事ができる一般誌で連載を持っていた里見満さんや広瀬川進さんの他にも、小日向さんや大久保ニューさんなどゲイの方々から絶大な支持を集める漫画家さんの作品が掲載されています。

また、日本国内だけでなく海外からも絶大なる支持を集めている田亀源五郎さんの作品を読む事ができる世界でもたったひとつとしても話題になっております。

田亀源五郎さんは、多摩美術大学グラフィックデザイン科を卒業した芸術家で、卒業後はグラッフィクデザイナーやアートデザイナーなどもあります。 所謂、実務の経歴を経て1986年からゲイ雑誌や小説を発表されている業界では最も有名な芸術家です。

これは1950年以降のゲイ・エロティック・アートへの造形も深く、資料収集や歴史叙述への取り組みについても、今や国内外から高い評価を得ている人物です。

フランスなどでは外国語版が出版されるなど海外にも多大なる影響を与えている人物となっております。

年間の定期購読者も多いバディはデジタル配信も

定期購読がバディはおすすめです

バディを購入しようと思ったら、街のゲイショップなどで購入できる他、一般書店の成人雑誌コーナーなどにもおいてある場合がありますのでそちらでお求めください。

また最近では大手通販会社でも購入できるようになっている為、より気軽に初心者も手に取る事ができるようになりました。

また、どうしても早く購入したいという方は新宿二丁目にある一部のお店などでは数日早く先行ネット販売されていますのでぜひ足を最初にお運びください。

気になるという方はそちらで現金でお買い求めするのもおすすめです。

そして家バレしたくないという方には、バディのデジタル書籍版なども登場しております。 1冊からも購入できますが、年間契約をすると1,320円もお得になりますので毎月購入されているという方にはスマホでも見れるデジタル版もおすすめします。

これまでバディを知らなかったという方も、過去に発売されたバックナンバーも気軽に購入する事ができます。

このページで初めてバディを知ったという方は、ぜひゲイ雑誌オンライン書店などにアクセスしてみてください。

ゲイ雑誌【最新情報】タチもネコも喜ぶお尻大好きホモの本